新設施設の利用者募集と利用希望者(又はご家族)向け開設説明会のご案内

来年4月に開所予定の「阿見町地域生活支援拠点施設(阿見町大字実穀字寺子地区内)」を利用希望される方を対象とした利用希望者向け「開設説明会」を開催いたします。ご関心をお持ちの方はお気軽にご連絡ください。

今回の説明会は「阿見町在住の方」又は「阿見町から障害福祉サービスの支給決定を受けている方」とそのご家族を対象とさせていただきます。

なお、会場の収容人数の関係により、今回は事前予約制(1組2名様まで)でお願いしております。お早めにお申し込みください。

◆日時令和3年12月8日(水)

  受付開始 午前10時00分~10時30分

  説  明  会   午前10時30分~11時45分

◆場所:本郷ふれあいセンター(2階会議室)

    茨城県稲敷郡阿見町本郷1丁目11-1 

◆募集するサービス:就労継続支援B型(定員20名)、日中サービス支援型グループホーム(定員10名、短期入所併設・定員3名)

◆説明会の内容:設置の目的、サービスの内容、想定する利用者像、諸費用等

※当日は質疑応答のお時間を設けさせていただきますが、「個別事案」に係るご質問については時間の関係でご答えできない場合がありますので、事前にお電話にてお尋ねください。

◆ご連絡先(ご予約)

電話029-840-4115

(法人本部事務局・開設準備室)

 受付時間:平日9:00~17:00

 

「地域生活支援拠点等」とは?

 障害者の重度化・高齢化や「親亡き後」を見据えた、居住支援のための機能をもつ場所や体制のことです。
 居住支援のための主な機能は、「相談」、「緊急時の受け入れ・対応(短期入所)」、「体験の機会・場」、「専門的人材の確保・養成」、「地域の体制づくり」の5つを柱としています。全国の市町村や圏域に設置が義務付けられおり、阿見町では公募により運営事業者を募り、当法人が選定されました。令和4年度の開設をお約束しております。

 5つの柱を機能別に(各法人・事業所が)分散して展開し、拠点を構成する「面的整備型」という整備手法をとる市町村が多い中、阿見町はこれをワンストップ(すべての機能を1カ所で展開)で行う、現在までに県内唯一の「多機能拠点整備型」という整備手法で展開します。